朝活とはいったいどんなものなのか

朝活が広まっている理由

仕事が忙しく残業が多いため、出勤ギリギリまで寝ていたいという人も多いのではないでしょうか。
一方寝ている時間がもったいないと考えている人も増えていることも事実です。
仕事して帰宅するだけの毎日ですと人生がもったいなく感じているのでしょうか、忙しい中でも違ったことへ挑戦する姿勢がみられます。
刺激を求めるだけではなく仕事の効率をよくするためでもあり、たくさんの人が朝活をとりいれています。

朝に能率が悪いと午後に仕事が溜まってしまいます。
そうすると、人間の集中力は長く持ちませんのでエネルギーを失った午後は能率が下がり残業をしてしまうということが多いです。
その悪循環を断ち切るために朝活が流行っているのです。
仕事が忙しい日本だからこそ生まれた活動なのでしょう。

朝活の取り組み

朝活の基本は出勤前に余裕を持つことです。
ジョギングを日課にすることや、家族とゆっくり話しながら朝食をとること、通勤電車を1本早めに乗って本を読むなどが多いようです。

出勤後でも朝活ができます。
早めに出勤して重要な仕事を済ませたり、後で慌ただしくならないように仕事の計画を立てることです。
ジョギングは運動ですし時間がかかるので、難しいかもしれませんがその他の方法は少し早起きするだけで出来そうなので、実行している人が多いです。
また、趣味に時間を使うこともあり、朝にガーデニングをして気分を切り替えてから出勤するのもよい方法です。

このように、朝活の取り入れ方は自分の生活スタイルに合わせてできますので、難しく考えずに取り入れてみてはいかがでしょうか。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ