朝活を取り入れる際の注意点

習慣づけるための注意点

朝活を習慣づけるためには毎日続けることが重要です。
しかし、朝活は仕事が忙しいために数睡眠時間を減らさなければできない人もいると思います。
すぐに習慣化できればよいのですが、なかなかできないのが現状です。
眠気や面倒くささという欲に負けてしまうことが多く、メリットを知らなければ意味のない行動に思えてしまいます。
人間には体内時計がありますが、習慣化されるには3ヶ月かかるといわれています。
これが朝活を挫折してしまう理由の一つです。

しかし、3ヶ月という明確な数字が分かっていれば、それまで我慢することで習慣化できますので、挫折しにくくなると思います。
朝活はメリットが多いのでこのまま辛い毎日を送るよりは、3ヶ月頑張って充実した日々を手に入れた方がよいのではないでしょうか。

無理な朝活は避けましょう

人の考え方は色々あり、ずっと寝ていたい、寝ている時間がもったいないなど同じではありません。
何か活動する上で寝ている時間がもったいないという考えは、体に負担がかかり後々様々な不調になる可能性があります。

朝活は無理に早起きをするのではなく、できる範囲での活動をしましょう。
忙しい人は睡眠を削ることになってしまうのですが、その考えですと無理に活動をしかねませんので、ちょっと余裕を持つ程度の活動に留めましょう。
り睡眠を削ってしまうと思考能力が低下しますので、逆に仕事能率が落ちてしまう可能性があります。

代表的な朝活は読書といわれており、出勤時に早めの電車に乗ることで可能になります。
この方法が無理なく続けられる朝活としてよく取り入れられています。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ