アミノ酸サプリで簡単ダイエット|美容と健康を大きく増進

女性

自律神経を整える

女性

人が生命活動を行う時は意識的に行動を行なうという外的活動と、無意識に生命維持を行なう内的活動というものが必ず必要になります。少なくとも動物と呼ばれる生命体はこの2種類の活動が有り、中でも無意識に行なう活動は自律神経と呼ばれる神経系によって活動維持が行われています。自律神経は交感神経と副交感神経で構成されていて、例えば急に天敵の動物に襲われた時に急いで逃げる時は交感神経が活発に作用し、血圧や発刊作用を高めて何時でも逃げれる体制を整えます。上手く逃げることが出来れば副交感神経が活発に作用し、平静を保とうという効果を発揮します。このように交感神経と副交感神経は対で存在し、人も日常生活の中でちょっとした刺激などでも交感神経と副交感神経が互いに作用して生命維持を行っています。

この無意識に生命維持を行なう自律神経はセロトニンと呼ばれる脳内ホルモンによって大きく制御されていて、セロトニンの分泌が不足してしまうと自律神経も正しく作用することができなくなるとされています。代表的な例がうつ状態になった患者のセロトニン量は健常者に比べて大きく減少するという状況が確認されています。当然交感神経と副交感神経が正しく作用できないため体内調節なども行なうことができなくなります。セロトニンはニューロンネットワークを辿り体内の様々な情報を脳へ伝えるという役割も持っています。そのためセロトニンが減少すると単純に自律神経だけが正常な作用ができなくなるのではなく、体のあらゆるバランスが崩れてしまいます。セロトニンが減少してしまった時はまずは通常量まで正常に分泌させる事が必要になってきます。セロトニンの分泌を促す作用のある医薬品なども有り、うつ病患者に処方される抗鬱剤などにはセロトニンに直接作用する成分などが含まれています。ただし医薬品を使うということはそれなりにリスクもあり、うつ病ではないという場合は使うべきではありません。セロトニンの分泌を清浄化させるためには正しい生活リズムに戻す事が大切という事がわかっていて、動物が本来持っている体内時計に合わせて正しく起床と就寝をするというだけでも改善が期待できます。